ITの仕事 › ITエンジニアとは

ITエンジニアとは

ITが普及するなかで、IT関連の仕事もニーズが激増しています。IT関連の仕事にはいくつもの種類がありますが、なかでもニーズが多いのがシステムを設計するITエンジニアです。ITエンジニアとはどんな仕事なのか、基本的なことを見ていきましょう。

ITエンジニアとは

「ITエンジニアとは」とひとまとめにされることがありますが、細かく分けるとさまざまな職種があります。顧客の要求に応じてシステムを設計構築するのがシステムエンジニアです。これに対して、企業のネットワークの設計、構築、管理を行うのがネットワークエンジニア、企業のデータベースの運用のためのシステムを設計、構築、管理するのがデータベースエンジニアです。

また、システムの設計、構築、管理だけでなく、システム運用に関するコンサルティングも請け負うプラットフォームエンジニアという職種もあります。同じITエンジニアですが、職種によって扱うシステムや仕事の内容が若干異なるのです。

ITエンジニアのおもな仕事

一般的なITエンジニアの仕事を見ていきましょう。中心となる仕事は、コンピューターを動かすシステムを設計することです。コンピューターはプログラムによって動いていますが、そのプログラムはプログラマーによって作られます。プログラマーが作ったそのプログラムをコンピューターと組み合わせ、システムを設計、構築して運用するのがITエンジニアです。

ITエンジニアは、システムを構築する前に、まずどんなシステムが求められているのかを理解し、それに基づいて設計を行います。システムが設計通りちゃんと動くかどうかをテストしながら、必要な修正を加えつつ完成させるのです。職場によって仕事の内容には違いがあり、ITエンジニアがプログラミングまで任せられることもあります。

ITエンジニアの仕事の進め方

ITエンジニアの具体的な仕事の進め方も見ておきましょう。まず、顧客がどんなシステムを求めているかを、何度も会ってヒアリングしていきます。同時に、実際にそのシステムを実現するためには、具体的にどんな作業が必要になるのかを考えます。

顧客の要望を分析できたら、次はシステムの設計作業です。設計の出来によって、その後の作業の進捗に影響が出ますから、設計は綿密に行います。設計が終わったら、次は実装テストです。実際にシステムを動かしてみて、設計通りに動くかどうかを調べます。

ミスが見つかった時には、設計の段階や、場合によっては最初のヒアリングまで戻って、ミスの原因を調査します。そうやってミスをなくしていき、何度もテストしながらシステムを完成させるのです。