ITの仕事 › ITエンジニアの仕事

ITエンジニアの仕事

一口にITエンジニアと言いますが、担当する領域によって細かく職種が分かれています。そこで、ITエンジニアの職種ごとに仕事内容を見ていきましょう。

システムエンジニアの仕事内容

まず、システムやソフトウェアの開発に携わるシステムエンジニアからです。システムやソフトウェアの開発では、設計、開発、構築、実装と行程を踏みますが、システムエンジニアはそのすべての行程に携わります。顧客の要望をヒアリングして基本設計を行い、プログラマーとまとめながら仕事を進めていきます。

プログラマーの仕事内容

プログラマーは、システム開発でプログラミングを担当します。システムエンジニアが作成する仕様に基づいて、プログラマーはプログラムを実装していきます。実装の後はテストを行い、エラーやバグがないかを確かめ、エラーやバグがある時には修正も行います。プログラミングのスキルはもちろん、仕様書の作成や品質管理の知識も必要です。

サーバーエンジニアの仕事内容

サーバーを設計、構築、運用するのがサーバーエンジニアです。ウェブサイトでも企業のシステムでも、ほとんどのシステムはサーバー上で稼働します。サーバーエンジニアは、システムの要件に合わせて設計と構築を行う仕事です。目的に合わせて、ネットワークの回線速度の設定、セキュリティの設定や機器のスペックの調整、さらにコストバランスまで他職種と相談しながら構築していきます。保守では、負荷の状況に合わせて日々設定を調整し、障害が発生した時には復旧作業も担当します。

ネットワークエンジニアの仕事内容

ネットワークを専門的に扱うのがネットワークエンジニアです。ネットワークとは、コンピューターを一定のルールに従って接続して、お互いに通信できるようにした状態のことであり、ネットワークエンジニアは、目的に合わせて最適なネットワークを設計します。運用や保守もネットワークエンジニアの仕事です。また、不正アクセスを防ぐためにセキュリティ対策も行います。

データベースエンジニアの仕事内容

大量のデータを扱う専用ソフトをデータベースと呼びますが、それを専門に扱うのがデータベースエンジニアです。データベースの最適な容量を決め、データの順序や仕切り方を決めます。ビッグデータ時代の到来に伴い、これからの活躍がいっそう期待できる職種です。

今後さらに広がるITエンジニアの活躍の場

ITエンジニアの職種を紹介してきましたが、ITは今も急速に進歩している最中ですから、これからも新しい職種が続々と登場するでしょう。それに伴い、ITエンジニアの活躍の場も広がることは確実です。