ITの仕事 › ITエンジニアになるには

ITエンジニアになるには

ITエンジニアになるには、どんなエンジニアを目指すのかをまず考えましょう。なお、ITエンジニアになるには、ITに関する専門知識と高いスキルが必要だと思われがちですが、実際は特別なスキルがなくてもITエンジニアとして入社することは可能です。

入社時点では特別なスキルを必要としないことが多い

ITエンジニアにも、システムエンジニア、プログラマー、ネットワークエンジニアなど、さまざまな職種があります。それぞれ専門分野が異なるので、活躍の場も違うのです。

ただ、どんなエンジニアを目指すにしろ、ITエンジニアとして活躍するには技術力が必須です。入社時点では特別なスキルがなくても、働きながらスキルを高めていかなければなりません。ですので、プログラミングは就職する前に多少身につけておくと有利になるでしょう。

IT系の専門学校や大学の情報系学部でも身につけられますし、すでに社会人で転職してITエンジニアを目指すのなら、職業訓練や民間のスクールもあります。就職の時点でそれほど高度なスキルは求められることは少ないですが、ある程度身につけておけば、ライバルに差をつけるポイントとなるでしょう。

入社後に徐々にキャリアを積んでいく

ITエンジニアとして働きたい場合、すでに転職でITエンジニアとして活躍してきた人を除けば、入社後はシステム開発に携わってプログラマーとしての経験をじっくり積んでいくのが一般的です。

プログラムのスキルが身についたら、システムエンジニアとして顧客の要望を聞いたり、システムの仕様書を作成したりといった業務を担当します。キャリアパスは会社によって異なりますが、先輩エンジニアのもとで経験を積み、徐々にスキルアップしていくのが通常の方法です。

コミュニケーション能力も求められる

ITエンジニアになるには、専門的な知識があれば十分ではないかとともすれば思われがちですが、コミュニケーション能力も無視できません。顧客の対応や他分野との連携が欠かせないため、協調性に欠ける人はいくらスキルが高くても敬遠されてしまいます。また、プロジェクトを仕切る立場になればマネジメント能力も必要です。

体力と集中力は必須

さらに、どんなエンジニアになるにしろ、体力と集中力は必須です。これがないと、たとえスキルが高くても長く務まらないでしょう。逆に言えば、体力があってコミュニケーションにも長けていれば、入社時点ではスキルがなくても、その後の勉強次第で十分に活躍できる可能性があります。