ITの仕事 › ITエンジニアの年収

ITエンジニアの年収

ITエンジニアの年収は、400万円から600万円程度がボリュームゾーンと言われます。ただし、ITエンジニアは、会社の規模や年齢、経験、スキルによって年収に大きく差が出る仕事です。そこで、ITエンジニアが年収を増やすための方法を考えてみましょう。

経験の浅いうちは年収は低め

ITエンジニアとしてスタートしたばかりだと、他の職業と比べて年収はかなり低い水準です。300万円台はザラであり、なかには年収200万円台前半で働くITエンジニアもいます。特に、運用や管理に従事するITエンジニアの年収は低くなる傾向にあります。

経験を積めば年収もアップ

一方、経験とスキルを積んでシステムエンジニアやプロジェクトマネージャーなどになれば、市場価値も上がるため、年収が500万円を超えてくることも多いです。特に、研究職やファームウェアなどの専門性の高い分野になるほど、年収の水準も高くなります。

年収1,000万円以上の職種も

ITエンジニアで最も高い年収を得ているのが、アナリストやコンサルタントです。これらは、システムエンジニアとして経験を積んだ人がキャリアアップしてなる職種であり、ITエンジニアとして高度な知識とスキルを幅広く身につけていないと務まらないほど難しい仕事でもあります。そのため、誰もがなれるわけではありませんが、大手企業に就職後、キャリアアップしてこれらの職種に就けば、年収1,000万円以上も可能です。

転職で年収アップ

なかには1,000万円以上の高い年収を得ているITエンジニアもいますが、今の会社でキャリアを積んでも、それほど高収入を目指せない場合もあるでしょう。そういう場合は転職も視野に入れてはどうでしょうか。

ITエンジニアといえば、少し前までは低い賃金で長時間労働を強いられる仕事というイメージがありましたが、今では人材不足により需要が増えたこともあり、スキルがある市場価値の高いITエンジニアなら、高待遇で迎え入れてくれるところが増えてきています。転職を考える場合は、IT系に強い転職エージェントで求人に当たってみましょう。

フリーランスで年収アップ

転職したとしても、会社に所属している以上、チーム全体で評価されるため、いくらスキルを磨いても自分だけ高い評価を得ることは難しいです。自分のスキルに自信があり、正当に評価してもらいたいのであれば、フリーランスという道もあります。自分でプロジェクトを選べるため、収入アップがしやすいです。ITエンジニアとしての市場価値を認められれば、フリーランスとして年収1,000万円以上も可能でしょう。