ITの仕事 › 初心者ITエンジニアが成長する方法

初心者ITエンジニアが成長する方法

初心者ITエンジニアが成長するためには、最新の技術を身に付けられるように常に勉強することが大切です。IT分野では毎年のように新しい技術が登場するため、それに遅れないように新しい知識と技術を吸収する貪欲な姿勢が求められます。そこで、ここでは初心者ITエンジニアが成長するために必要な心構えとその方法をお伝えしましょう。

広い視点でものを見る

システム構築やアプリの開発を行うITエンジニアの場合、コードを書くだけが仕事ではなく、企画の立案や現状の問題の検証なども行わなければなりません。そのためには、与えられた事をただこなすだけでなく、広い視点でものを見ることが大切です。実際にシステムやアプリを使用するユーザーがどう感じるかということを考え、問題を未然に防ぐ力を伸ばしていきましょう。

新しい知識や技術を吸収しようという積極的な意識

ITエンジニアにはいくつもの職種がありますが、どの分野で働くとしても常に新しい技術を習得していかなければなりません。プログラミング言語はすぐに新しい言語が開発されるため、自分が馴染んでいた言語から新しいものに変わる可能性は大いにあります。

たとえ苦手に感じる分野であったとしても、積極的に新しい知識と技術を吸収しようという意識が大切です。そのためには、先輩や後輩のITエンジニアとも積極的に交流し、自分の知識や技術を更新していきましょう。

慢心せず謙虚に学ぶ姿勢

ITエンジニアにとって大切なのは、先ほども述べたように、新しい情報を積極的に取り入れていく姿勢です。初心者でも多少経験を積めば自信が出てきますが、そんな時でも慢心せず、自分の知識や技術が古くなっていないかを疑いましょう。知らないことは謙虚な姿勢で学ぶことが大切です。

また、仲間との交流も大いに刺激になるでしょう。新しい知識はネットでも仕入れることが可能ですが、実際に新しい知識や技術を実践している人から直接聞く方が役に立つことは多いです。そのためには、ITエンジニアだからといってコミュニケーションもおろそかにしてはいけません。

スキマ時間を徹底的に活用

初心者ITエンジニアが成長するには、新しい知識や技術を身につけるために常に勉強しなければならないということですが、仕事が忙しくて勉強の時間がないという方も少なくないでしょう。

しかし、本当に勉強する時間がないのでしょうか?電車通勤の方ならば通勤時間も勉強時間として活用できますし、トイレやお風呂の時間も勉強時間に変えられます。忙しいのであれば、隙間時間を徹底的に活用して効率良く勉強する方法を身につけるべきです。