ITの仕事 › ITエンジニアに向いている人

ITエンジニアに向いている人

まったくの未経験からでもITエンジニアを目指すことは可能です。実際、ITに関する知識ゼロからスタートして、ITエンジニアとして活躍している人も大勢います。IT業界は常に人手不足なので、未経験者OKの求人も見つかるでしょう。ただし、「未経験者でも採用してくれるならやってみようかな」というだけの考えでは、実際に職に就いてから苦労することも多いです。そこで、ここではITエンジニアに向いている人の条件をお伝えします。

興味があることが大前提

まず、ITやプログラミングに関して興味があることが大前提です。いくら就職しやすいといっても、それほど興味が持てないのであればITエンジニアにならない方がよいでしょう。未経験者を採用する場合、企業は入社後の伸び代を重視しますから、やはりITやプログラミングに興味津々の人の方が採用されやすいです。

具体的なことはまだ何も知らなくても、次々と登場する新しいIT技術に興味や面白さを感じている方ならば、最初はたいへんでも仕事に魅力を感じられるでしょう。

物づくりが好きな人

プログラミングの経験がなくても、自分の手を使って何かを作ることが得意な人ならば、ITエンジニアになっても伸び代があります。今では初心者が学びやすいサービスが充実しているので、物を作ることが好きならば、独学でもしっかり技術を身につけていくことができるでしょう。ITエンジニアとしての経験はなくても、独学で勉強して実際に何か成果物を作ったことがある人なら、採用選考でもアピールになります。

コツコツ地道な作業を進められる

ITエンジニアの仕事は地道な作業の連続です。「少しコードを書いては実行してみて、うまくいかなければどこが悪いのか原因を探り、それを修正して、また少しコードを書いて実行してみる…」という非常に根気と忍耐力が必要とされる仕事です。

ITエンジニアになんとなくかっこいいようなイメージを持っている人もいますが、実際はコツコツと地道に作業していくことになります。それが苦にならないなら、ITエンジニアに向いている人と言えるでしょう。

コミュニケーションも大切

ITエンジニアは人と話さず一人で黙々と作業をするというイメージもありますが、今のITエンジニアにはコミュニケーション能力も求められます。プロジェクトでは多くの人たちと協力しなければなりませんし、顧客と直接打ち合わせする機会も多いです。

知識や技術が優れていても、コミュニケーションが取れない人はITエンジニアになっても活躍できません。若いうちから人とのコミュニケーションを大切にしてきた人がこれからのITエンジニアに向いている人と言えるのです。