ITの仕事 › ITエンジニアの将来性

ITエンジニアの将来性

ITエンジニアになりたい方が気になるのは、その将来性ではないでしょうか?IT化はいたるところでどんどん進んでおり、今後もなくなるとは考えにくいですが、ITエンジニアとしての将来性はどうなのでしょう。そこで、IT業界とIT人材の将来性について見ていきます。

IT業界は今後も成長する分野

IT産業は、今後も成長を続けることが確実です。ほんの少し前まで、電話といえば家にある固定電話でしたが、今ではほとんどの人がスマホを持っています。インターネットもパソコンで接続しなければならなかったものが、今ではスマホ1台でどこでも情報を仕入れられるようになりました。また、これまで映画やSFの世界の中でしかなかったAIも、現実の私たちの生活にどんどん取り入れられています。

ほかにも、IoTやビッグデータなどITの新しい技術が続々と登場しており、多くの企業がその商用化に向けて動いています。となると、必要とされるのがITエンジニアです。いったんITエンジニアになれば一生それで食べていけるという保証はありませんが、ITエンジニアの需要がなくなることはあり得ないと言えるでしょう。

IT人材は不足している

IT業界の人材不足は深刻です。経済産業省によると、2020年の段階ですでに37万人の不足が見込まれています。2030年では最大79万人の人材不足が予想されていますので、今後、ITエンジニアの求人が増えることはあっても減ることはないでしょう。

ちなみに、2019年度の新卒者の民間企業志望者数が約40万人です。その全員がIT業界に就職しても人材不足が解消されないわけですから、ITエンジニアになれば失業のリスクは少ないと言えるでしょう。

ITエンジニアの年収もアップするはず

ITエンジニアの需要自体は高いことがわかりましたが、これからITエンジニアを目指す場合、気になるのが待遇や年収ではないでしょうか?現在のITエンジニアの年収は、300万円から400万円台に集中しています。なかには200万円台の年収で日夜ハードワークをこなしている人も多いです。

しかし、今のままの低賃金では今後の人材不足は解消されません。IT業界がこれから発展していくためには、ITエンジニアの待遇改善は欠かせないでしょう。というわけで、今よりITエンジニアの待遇が悪くなることは考えにくいですから、これからITエンジニアを目指す方は、ある程度の年収が期待できるはずです。