ITの仕事 › 文系からITエンジニアになる方法

文系からITエンジニアになる方法

ITエンジニアというと理系の仕事というイメージが強いですが、実は文系でも未経験から活躍できます。というより、ITエンジニアの世界では文系や理系といった出自は関係なく、仕事ができるかどうかがすべてです。ですので、別に大学を卒業していなくてもITエンジニアにはなれます。

文系でもまったく問題ない

文系の未経験者でもその気があれば独学で知識や技術は身につけられます。今では市販のテキストがいくらでもありますし、ネットにもオンラインスクールがあるので、文系でも無理なく学んでいけるでしょう。

それに、IT業界の多くでは就職の時点で経験を重視していない求人がたくさんあります。IT関連の知識ゼロでも、入社してから徐々にスキルアップしていけば問題なくITエンジニアとして活躍できるのです。これからは、さらにITエンジニアの人材不足が進みますから、「文系だから難しいのでは?」と思う必要はないのです。

文系だからといってプログラミングが難しいわけではない

しかし、プログラミングというと、理系じゃないと難しいのではないかと思う文系の方が多いのではないでしょうか。ところが、これも誤解です。これまでまったく触れたことがないため、プログラミングというと訳の分からない数式を操るようなイメージがあるだけで、実際に勉強してみれば、これまで文系学部で学んできたこととそれほど難易度は変わらないことに気が付くでしょう。

プログラミングとはコンピューターの世界の言語であり、その言語を理解すればITエンジニアとして活躍できるのです。つまり、外国語を新たに学ぶのと大きな違いはありません。もちろん、使いこなすためにはしっかり勉強して経験を積んでいく必要がありますが、それは文系でも理系でもどんな分野にも当てはまることです。「文系だからプログラミングができない」ということはありません。

コミュニケーションが重視される

ITエンジニアは文系でも問題なくなれるとお伝えしてきましたが、向き・不向きはあります。ITエンジニアというと、パソコンに向かって黙々と一人で作業するようなイメージがありますが、仕事の大半は顧客対応です。顧客から要望を聞いて、こちらから仕様を提案し、スケジュールなどの確認をしながら顧客の要望に最適なサービスを提供するというのがITエンジニアの仕事です。

つまり、コミュニケーション能力が最も大切と言っても差し支えないでしょう。プログラミングなどは文系理系に関係なく誰でも学べますが、コミュニケーションができない人は、理系の大学院出身でもITエンジニアとして活躍することは難しいです。それだけは肝に銘じてください。