ITの仕事 › ITエンジニアで正社員になるには

ITエンジニアで正社員になるには

ITエンジニアは人材不足ですので、たとえ未経験からでも十分採用を勝ち取れる可能性はあります。しかし、経験者であれば正社員としての採用も難しくありませんが、IT業界まったくの未経験者の場合、正社員として採用されるために知っておくべきことがあります。

強い意欲を示す

未経験からITエンジニアを目指す場合、その意欲をしっかり伝えなければなりません。未経験者を採用する企業としても、どれだけ強い意欲を持ってITエンジニアへの転職を考えているのかというところを重視するでしょう。

ITに関する仕事は、どんな職種でも、日々新しくなる情報を常に追いかけて、知識と技術を更新していかなければなりません。つまり、いったんITエンジニアになればそれで安泰というわけではなく、この仕事を続ける以上、一生勉強を続けなければならないのです。それだけの意欲があることを伝えられれば、未経験からでも正社員として採用される可能性は高くなるでしょう。

基礎的なスキルは身につけておく

また、たとえ未経験からでもITエンジニアになれるといっても、最低限のパソコン操作はできないと難しいでしょう。パソコンを触ったこともないというのなら問題ですが、日常的にパソコンを使っている人であれば、そこまで大きな問題ではありません。しかし、できれば、業務でパソコンを使っていた経験は欲しいです。

未経験からの場合、入社後に実際の業務を行いながら徐々にスキルを身につけていきますが、ある程度の知識がある方がスムーズです。実際に働くまでにまだ時間があるのであれば、ITパスポートや基本情報技術者などの資格を目指すのもよいでしょう。

派遣ではなく最初から正社員求人に絞る

なお、正社員としての採用を目指すのなら、最初から正社員の求人を狙うほうが良いです。未経験だと、まずは派遣会社に登録し、派遣社員として働きながらスキルを高めて、それから正社員の採用を狙うという考え方もあります。

しかし、派遣社員から正社員に採用される人材は即戦力として期待されるため、かなり高いスキルが求められます。実際、転職市場にはかなり高いスキルを持つITエンジニアがゴロゴロしていますから、少々派遣社員としてITエンジニアの仕事をしたぐらいでは、厳しい競争を勝ち抜くことが難しいです。それよりも、未経験者OKの正社員求人を狙って、入社後、実務に触れながらステップアップすることを目指す方がよいでしょう。