研修日記 12日目

お疲れ様です。安田です。

本日は総合演習を無事終える事が出来ました。私はデータベースサーバの担当でしたので、主にその報告になります。

本日はデータベースサーバに必要なものを把握できました。まず、サーバーを冗長化するために、フェールオーバーができるような設定が必要でした。
そのために、KEEPALIVEDを使ってVRRPの設定を行い、仮想のIPアドレスを自動で割り振れるようにして冗長化の設定を行いました。
次に、サーバー同士のデータの同期ですが、MySQLのレプリケーションを行いました。これは、各サーバーに対して、マスターとスレイブの設定を両方する事で、どちらに対する書き込みも反映されるようにしました。
あとはデータベース内に研修メンバーの名前を格納する等しました、ユーザーに権限を与える際、ホストに各サーバーのIPアドレスを指定するという点で躓き時間がかかってしまいました。
Webサーバーのほうはいわゆる「LAP環境」を構築し、データベースを、仮想IPを指定して参照できるようにしました。
ファイルサーバーは、私は詳しくはわかりませんが、sambaというミドルウェアを使って構築したようです。

本日の画像は二人に対しパソコンを4つ使っている画像です。サーバーをSSHで操作する際、ネットをつなげられないのでサーバー用と調べものようのパソコン、(さらには二台のサーバーを操作するために三台のPCを使って作業する等)を行っていました。