研修1日目

本日から技術研修がはじまりました。

序章として身近にあるコンピュータにはパソコン、ATM、テレビ、自動改札など電気で動くものがあるというお話から入り、ハードウエアの5大装置や6大装置について、ソフトウエアといってハードウエアを動かす為のシステムがあるという事を学びました。一般常識かとは思いますがハードウエアUSBを認識するものもソフトウエアだった事は私は初めて知りました。

その後も座学で講義が進みました。

通信には例えば電話のように双方が同時に情報を送信できるものを「全二重通信」、トランシーバーのように片方ずつ情報を送るものを「半二重通信」があることがわかりました。

その他はプロトコルとは日本人同士が会話をするには日本語を使うといった具合に通信をする為のルールがある事でしたり、サーバーとはWEBやメールなどサービスを提供しているコンピュータの事、パケットは1つのデータを小分けにしたもので、TCP・UDPはそのパケットを運ぶ仕組みだという事を学びました。

TCPとUDPの違いですがTCPは正確性重視でパケットが正常に届いていない場合は再送信するもの、UDPは速さ優先で動画のストリーミング再生などに使用されるものです。

後半はIPアドレスといってネットワーク上の住所にあたるものに関しての講義でした。IPアドレス(Iv4)の計算が3問出題され混乱してしまう部分がありそこが本日一番苦戦しました。しっかり復習していきたいです。

=======================================

前職は異業種だったのですがその時から今まで携帯電話やスマートフォン、パソコンなどを使用していて

私生活が便利になってきていたので、こういった技術ってすごい!という印象を持っていました。

今後携わる側になるわけですのでしっかり曖昧になっている所は調べたり質問して習得していきたいです。

32才 女性 Y・H

=======================================