研修14日目 SQLに関する座学および作業手順書の作成

こんにちは!研修生の伊東です!

いよいよ研修も明日で最後となってしまいました。

せっかくみんなと仲良くなれたのに、さびしいです…

 

そんな中で、早速本題に入ってまいりますが、本日の研修メニューをご紹介いたします。

・SQLに関する座学

・ネットワーク/サーバー構築およびLAMP監視に関する手順書作成

 

SQLに関する座学では、仕組みやコマンド(SELECT、INSERT、UPDATE、CREATE、DELETE)

について教わりました。

一般的に使用されるものとしてSELECTがあるそうです。

サーバーの故障時や銀行での作業などに使用されるそうなのですが、

データベースにもぐりこみ、目的の情報を探し出すためにSELECTコマンドが使われます。

他にもデータの追加を行うINSERTや情報の書き換えを行うUPDATE、

データを削除するDELETE等があるそうですが、よほどの責務を任されている人でない限り、

まず使わないということでした。誤入力1つで莫大なデータが飛んでしまうこともあるそうで…

コマンド操作はそれだけ重大なものなのですね。

 

ネットワーク/サーバー構築およびLAMP監視に関する手順書作成では、

今まで行った演習を振り返りながら、説明する項目や順序を組み立てることを行いました。

あらかじめ控えとして手順書を作成していたため、話の流れは大体組み立てたのですが、

レイアウトに関しては、グループ内で統一する必要があり、

どのようなレイアウトにするかを話し合う必要がありました。

今日はその作業が終わらなかったため、明日に持ち越しとなりました。

 

このような流れで1日の研修が終わったのですが、本日一番勉強になったことは、

SQLの操作において、重大なリスクが出る仕事もあるということでした。

セキュリティ事故というのは本当に気をつけなければならないですね…

 

本当に明日で研修が最後となってしまいますが、気合を入れてやりきりたいと思います!

 

ご精読、ありがとうございました!

 

男 26歳 T.I