研修15日目 最終日手順書作成

 

 

 

 

 

 

 

本日は昨日に引き続きたのしいたのしい手順書作成を続けております。
写真はがんばってるほかの班のメンバーです

正直に申し上げると一向に終わる気配がありません。
あと40分ほどですべてを終わらせるなんて、そんなこと時間をとめなければできないですよね?
渋谷の女子高生をとっ捕まえてサーバー構築をしてもらえるようなそんな手順書を目指しましたが、全くうまくいきませんでした。渋谷の女子高生諸君、今すぐサーバー構築基礎知識を脳内に入れてほしい。

現場に入る人や面談でいない人など終盤は抜けが大きく、作業に支障が出る場面もありましたが
終始にぎやかな雰囲気で作業が進められたかと思います。
研修は15日間という短い期間ではありましたが、水谷さんのありがたい座学からはじまり、途中では研修担当講師からジョブチェンジして遠足の引率の先生となってInteropに連れて行ってくださったり。
実機を用いた構築が始まってからは風のうわさで聞き及んだとおりの闘将(どこぞの監督ではないです)っぷりでした。
未経験からこの業界に飛び込みましたが、わからないことをわからないと聞ける貴重な環境でした。
以前、ディスカッションで3年後の自分というテーマを行ったそうです。わたしはそのとき不在にしておりましたが、今考えてみると未来の自分はいまのところよくわかっていません。もしかしたら水谷さんを超える超超すごいエンジニアになってるかもしれませんし、オホーツク海のほうでカニを捕っているかもしれません。それでもこれから先がんばってみようと思えるような、そんな研修期間でした。

最後になりますが、いろいろご迷惑をおかけしましたが毎日楽しかったです。
この記事を見ている人にもそんな楽しさを感じられるような研修日記になっているでしょうか。なってないかな


便利なものだな~という能天気な印象から、人も機械も進化して得られている成果なんだという印象に変化しました。研修当初は猫をしょってましたが、くだけやすい環境のおかげで猫がたくさん取れました。これからこの業界でがんばっていけそうです!

25歳 女性 M.Y