研修8日目 Linuxの実機演習その2

研修8日目になりました。本日より本格的にLinuxを用いての実機研修に入りますが、昨日は物理層でケーブルを繋ぎ、RT1とRT2のルーターの設定まで終わらせたかのように思いましたが・・・結論から書きます。

 

 

全く設定できていない!!

何度pingを走らせても50.0.1.2までしかpingが通りませんでした。なぜだろうとグループ内全員で頭を捻っていると、「とりあえずどこで止まっているか調べてみよう」と神の啓示が聞こえました。

traceRTを端末からIP:10.1.1.10まで走らせると以下の結果が表示されました。

見れば分かる通り、端末からのpingがRT1とRT2の間でループしています。その結果pingのTTLが0になりタイムアウトしていたようです。

原因が分かれば対処法も分かる!と思うかもしれませんが、やはり初心者集団。なぜこうなったのか考えても分かりません。

とりあえずなぜループしているのかを考えたところ、おそらく「RT1とRT2の両方をデフォルトルートに設定しているからダメなんじゃね?」という神の啓示(2回目)が聞こえ発覚しました。(当然ですよね)

端末→RT1(何かデータがきたらとりあえずRT2に回そう)→RT2(何かデータがきたらRT1に回そう)→RT1(以下略)

ということですね。

結果的にこれに時間を多く割いてしまい、ここまでで数時間が経過してしまいました。

とにかくIPルートを変更しようと、新たに入力してみても結果は変わらず、それもなぜか考えてみると、前のデフォルトルートで設定しているのが残っていました。本当に初歩的なミスが多いような気がします。

 

その後は順調に進みSV1とSV2に対してCentOSをインストールする作業は、講師の方が実演してくれたのでスムーズに作業が進み、サーバーにIPアドレス等を設定する作業に移ったのですが、慣れないコマンド入力に悪戦苦闘したり、書き込みたいディレクトリが存在しないなどといったエラーが発生したりと作業が遅々として進まなかったです。

IPアドレスを入力して、保存して状態を確認すると更新されていない・・・といった結果まででて本日の作業は終了しました。

コマンドを間違ったところに入力してしまったのか、ケーブル等に問題があるのかなどさまざまな憶測が飛び交いました。が!

作業報告後、神の啓示(3回目)が聞こえ「再起動しないと反映されないよ」とのことです。(なるほど!)

 

明日からペースを上げていきたいと思います。

実機練習2日目で本格的にLinux機を取り扱うようになりましたが、今までwindowsのみ扱っていてGUIしか触っていなかったのでCLIは非常に不便に感じました。ですので、この研修や今後の実習や余暇などを活かしてCLIに慣れていきたいと思うようになりました。

27歳 男性 K.I