研修1日目 コンピューターの基礎概念と通信の基礎について

初めまして、H.Tです。

 

本日初めて、技術研修(座学)に入りました!

研修内容は「コンピューターの基礎」と「ネットワークの基礎」です。

 

まだ初回で初歩的な内容なので、少しは独学をしていた自分は知っている事も多いだろうと過信していましたが、残念ながらそうではありませんでした…

 

コンピューターの基礎については、私たちが日常的に使っているキーボード,マウス,ディスプレイ,スピーカーなどは、コンピューターの装置として明確な分類が存在し、「コンピューターの五大装置」と言われている事は、まるで知りませんでした。

 

皆さん知っていましたか?

 

またネットワークの基礎についても、インターネットで通信する際にはプロトコルという通信のルールに則って通信していることや、IPアドレスにも「ブロードキャストアドレス」や「ネットワークアドレス」などの分類が存在する事も驚きでした。

 

(…知ったかぶりはやめましょう)

 

なかでも、理解するのに時間がかかったのが…

!!!IPアドレスの計算!!!

 

10進数と言えば、「1→2→3」ですよね?

しかし、2進数の場合「00→01→10→11…」です!

 

普段2進数を使う機会がないため、IPアドレスの10進数から2進数への脳内変換にはとても時間がかかり、苦労しました。

 

完全に復習不可避ですね(泣)!

 

しかし、今回初めて技術研修を受けたことで、インターネッ トと通信の面白さを再び感じることが出来ました。

データはアプリケーション層から物理層まで変換されてから、送信されているという仕組みはとても興味深いものです。

このインターネット・通信の面白さをモチベーションに技術研修にますます邁進してゆきたいと思います!

 

24歳 H.T