研修7日目 ファイアウォール、FTPについて

こんにちは。研修生のI.Iです。

講義の進みが悪いのか、本日は駆け足にトランスポート層、ファイアウォール、ロードバランサー、ウェルノウンポート、FTPについて学びました。その中で、ファイアウォールとFTPについて触れていきたいと思います。

まず、ファイアウォールについて説明していきます。ファイアウォールとは、あるコンピュータやネットワークと外部ネットワークの境界に設置され、内外の通信を中継・監視し、外部の攻撃から内部を保護するためのソフトウェアや機器、システムなどのことです。ファイアウォールに内部ネットワークの回線と外部ネットワークの回線を両方つなぎ、内部と外部の通信が必ずファイアウォールを通過するようにして、ファイアウォールが一定の基準に従って不正と判断した通信を遮断します。

次にFTP(File Transfer Protocol)について説明していきます。FTPとはネットワークでファイルの転送を行うための通信プロトコルの一つです。インターネット初期の頃から存在するプロトコルで、今でもインターネットでよく使用される通信プロトコルの1つです。 プロトコル上は任意のホスト間のファイル転送を行うことが可能ですが、通常は接続したクライアントとサーバ(FTPサーバ)間の転送に利用されます。サーバ側ではアカウント名とパスワードによる利用者の認証を行い、それぞれの利用者に許可された権限や領域でファイルの送受信が行われます。アカウント名、パスワード、ファイル名、メソッド、終了信号にはFTP-DATA、データの通信にはFTP-CONTROLを使用します。

この度の研修を受けるまでは、VBAを少し触ったくらいだったので、これまで理解せず使ってきたものの仕組みが分かり少し気分がスッキリしています。

23歳 男性 I.I