業界No.1 エンジニアスクール ITTC

研修16日目 手順書作成

研修16日目 手順書作成

こんにちは。 研修も残すところ後2日です。 あっという間だったのですが、しっかりと知識が身に付いたと思います。   今日の研修は、 昨日の研修で手順書は完成! だと思っていたのですが、まだまだ訂正箇所があったので今日も引き続き手順書作成です。 この手順書を見て作業する人全員ができるように作るのと、 会社のプロジェクトでみんなが見る資料なので見やすく統一感のあるようにしないといけないので、なかなか大変でした。   訂正箇所は主に、表のヘッダーの色の統一、文字のフォントの統一、表に関する具体的な説明の3点でした。 これらの訂正を終えてもう一度提出。 チェックしてもらっている間に、MySQLでデータベースの作成をしてみることになりました。 とりあえず、何もわからなかったのでネットで調べてみるとすぐに作成の仕方がでてきました。 少し躓いたりしましたが、この方法に従ってコマンドを入力していき完成したのですが、   このサイトには作ったデータベースを削除するコマンドも載っていて誤ってこちらも入力してしまい、 作ったデータベースを削除してしまいました。 そうこうしている間にチェックが終了し、無事OKをもらいました。 このあとは、証跡の作業をしました。 証跡とは、手順書が正しくできているかもう一度機器に設定を入れてチェックをし、 正しければ機器に入れた設定の画面をスクリーンショットをとって資料に残す作業です。 この作業も無事終わり今日の作業は終了です。   長かったシステム構築演習もこれでほぼ終わりました。 わからないことだらけで大変でしたが、ネットで調べたり、先輩に聞いたりしなんとか完成させることができました。   24歳 男性 M.T        

14日目 LAMP環境構築

14日目 LAMP環境構築

こんにちは! 今日も引き続きLAMP環境構築演習です。 昨日はサーバー2とクライアントPCの接続とPHPのテストページの確認まで終わりました。 今日の作業はSSHの多段階接続の設定と手順書の作成になります。   SSHの多段階接続とは、今回のシステム構築のように踏み台サーバーを経由して他のサーバーに接続する際に行う設定です。 今回の構築では2台のサーバーしか使っていませんが、この方法を応用すると3台や4台のサーバーを経由する事も可能です。 この設定はネットで調べると簡単に見つかったのですぐに終わらせることができました。   続いては手順書の作成です。 手順書とは作業のマニュアルのようなもので、 各機器の設定方法や結線図などを他の人が読んでも理解できるように細かく書いたものです。 今回は 1.表紙 2.目次 3.概要(全体図) 4.各機器の手順書 を書いていきます。 3番の概要と4番の各機器の手順書を班員と手分けして書いていきました。 概要の方は主に要件定義書でも作成したルータ1,2・サーバー1.2・クライアントPCの結線図を作成していました。 各機器の手順書は上記の機器の設定をしたときのことを思い出しながら書いていました。 何度も設定をやり直していたので設定の仕方をほとんど覚えていてすらすら書き進める事ができました。 まだ完成はしていないので明日には完成させたいです。   研修も残り一週間を切りいよいよ現場での仕事が近づいてきました。 少しでも知識を増やせるように残りの研修期間も頑張っていきたいです。   24歳 男性 M.T  

12日目 LAMP環境構築

12日目 LAMP環境構築

こんにちは! 今日も引き続きLAMP環境構築をしています。   昨日はルータ、スイッチ、サーバー、クライアントPCをストレートケーブルで接続したところで終わりました。 これで結線はできたと思っていたのですが、なんとケーブルが劣化していてなかなか繋がってくれません。 なので今日はケーブルを上手く繋げるところから始まりました。 しかし、これがなかなか上手くいきません。 ケーブルの接触が悪く、何回も抜いたり挿したり、角度を変えてみたりを繰り返していました。 ケーブルと格闘し続けること約1時間、やっと全てのケーブルが繋がってくれました。 その後はネットワークの接続ができるかの確認をしたのですが、全く接続できません。 とりあえずスイッチ・ルータ1,2・サーバー1,2の設定の確認をして間違っている箇所を訂正して、 再び接続… しかし接続が出来ません。 もう1度全ての機器の設定を確認してみますがもう間違っている箇所が見当たりません。 何度確認しても見当たらないので全ての設定を一からやり直す事になりました。 大変かなと思っていましたが、一度やっていた作業だったので意外と早く終わりました。 そして、また接続してみます。 まずは、PCとルータ1 ここはクリア 続いて、PCとサーバー1 ここもクリア PCとルータ2もクリア 最後にPCとサーバー2 しかしここでエラーが発生します。 再び原因究明に努めますが、原因が全くわかりません。 自分達だけではわかりそうに無かったので先輩の力をかりることにしました。 しかし、それでもわからずここでタイムアップ。 来週まで持ち越しと成りました。 来週こそはつなげれるようにしたいです。 24歳 男性 M.T    

研修11日目 LAMP環境構築

研修11日目 LAMP環境構築

本日も引き続き、LAMP環境の構築を行いました。 昨日はサーバー2のソフトウェアをインストールを行いました。 踏み台となるサーバー1のCentOS初期化を忘れており、まず初期化からしました。 初期化は簡単で、起動時にサーバーのディスクにCentOSが入っているCDROMを入れるだけです。 その後は出てくる表示を選択するだけで、CentOSのインストールは終了です。 設定したホスト名とパスワードを入力して、SELinuxの状態を確認しました。 SSELinuxを確認するコマンドは、 #gatenforceで確認できるので、確認し、 「Enforcing」  ←SELinuxが有効。 ルール外の動作があれば止まります。 「Permissive」 ←SELinuxが有効。 ただしルール外の動作はログに記録するのみです。 「Desabled」 ←SELinuxが無効。 出てくる文字によってこうなります。 今回はと出たので、 vi /etc/selinux/configと入力し、 SELinuxを無効にするため、SELINUX=disabledに変更しました。 設定が完了したら、 ネットワーク設定を行い、その設定が有効か確認しました。 そこでサーバー1の設定は一旦終了し、ルーターとスイッチのネットワーク設定を行いました。 以前にルーターの設定は行ったんですが、前の設定が残っているかもしれない、とのことで ルーターとスイッチを初期化し設定を行いました。 その後、少し時間が余ったので明日の為に配線だけを行いました。 配線を行ったのですが、初めてと思った以上にLANケーブルが多く、時間が足りませんでした。 明日配線を完成させていきます。   今まで配線する機会が無く、初めてしたのですがどこにどのケーブルを差せばいいのか、 分からないことだらけでした。 今後ももしかしたら配線する機会があるかもしれないので、ここで配線方法を しっかりと学んで活かせるように頑張りたいです。   24歳 A.M 男性      

研修10日目 LAMP環境構築

研修10日目 LAMP環境構築

こんにちは! 今日も引き続きLAMP環境構築の演習をしていました。   午前中は主にapache,MySQL,PHPのインストールをしていました。 インストールは、”rpm -ivh <プラグイン名>“というコマンドを使って操作をするのですが、 長い文字列を打たなければならないという大変な作業をしました。 例えば、Apacheに必要なプラグインをディレクトリ内で探してインストールするという作業をしたのですが、 わからないことだらけだったので、全てインターネットで調べながらの作業だったのでとても時間がかかってしまい、 午前中はこの作業だけで終わってしまいました。   午後はMySQLとPHPの初期設定と手順書の作成を並行して行っていました。 このMySQLとPHPの初期設定と手順書の作成もインターネットで調べながらの作業だったのですが、 この作業はかなりスムーズに進んだので、予定していた時間よりもかなり早く終わりました。   作業が早く終わったので文字の表記を英語から日本語に変更する設定をしようとしたのですが、 この作業が上手くいかず文字化けしてしまうハプニングが起こりました。 原因は、変更の設定をする前に日本語のファイルをインストールしないといけないのに、インストールし忘れていたからでした。 このミスの結果、結局予定していたところまでしか進める事ができなかったので、 明日以降は、このようなミスを無くしていきたいと思います。   今日の実習でLAMP環境について少し理解できた気がするのでこの調子でこれからも頑張っていきたいと思います。 24歳 M.T    

研修9日目 LAMP環境構築について

研修9日目 LAMP環境構築について

皆様、こんにちは。 今日から本格的に実機演習が始まりました。 本日の研修は昨日終わらなかった、要件定義書の修正をしました。 その後実機を使い始めました。 まずルーターの接続の設定を行う為に、teratermを使用しコマンドを打ちました。 teratermとパソコンを繋げる際にケーブルがあるのですが、 そのケーブルのことを頭から失念しており、LANケーブル同士で繋げると、 SSHパケットを送信中に通信エラーが発生しました。10057と出て、接続が拒否されました。 そこで少し時間をとられました。 teratermとパソコンを繋げるためのケーブルはコンソールケーブルといわれるケーブルが必要になってきます。 コンソールケーブルとは、ルーターなどの購入時に付属しています。 ルータ側のコンソールポートに接続するインターフェースの形状はRJ45となっており、 PC側に接続するインターフェースの形状はDB-9となっています。 現在のPCはUSBポートはありますが、 DB-9形状のインターフェースはないことが多いのでUSB to RS-232変換アダプターを使用して、 USBをPC側に接続して、Cisco機器にコンソール接続させます。 コンソールケーブルでルーターとパソコンを接続して、 teratermを開くとシリアル(E)というところが選択できるようになります。 そこを選択すると、コマンド打ち始める画面になり、接続設定のコマンドを打ちました。 そのコマンドを打ち終わったら次にサーバーのネットワーク設定を行うことになり、 サーバーを起動しネットワーク設定を行いました。 サーバー1、2共に OSのネットワークの接続が自動で行われるようにする。 ↓ 固定のIPアドレスを使用するようにする。 ↓ IPアドレスの設定 ↓ ネットワーク設定の有効化 ↓ ネットワーク環境を再確認 を、行い無事に設定が完了したところで、終わりました。 初めてLinuxに触れました。Linuxは名前を聞いたことぐらいしかなかったのですが、いざ触れてみると永遠とコマンドを打っていく感じでした。私自身まだコマンドをよくわかっていないので、この演習を通して少しでもLinuxについて知り、コマンドを覚えていきたいです。 A.M 24歳 男性  

研修8日目 実機演習(LAMP環境構築)

研修8日目 実機演習(LAMP環境構築)

こんにちわ! 今日で研修も折り返しです! 今日からは本格的に実機演習に入りました。 演習は実際の手順にそって行うので、まずは要件定義書の作成から始まります。   「要件定義書」とはシステム開発に関して顧客からの要求を受けた後、 システムを実際に作る前に提出される最終的な書類で、「開発されるシステム内容」について書かれています。 「要件定義書」は、システム開発をするシステム開発者(SE)によって書かれるのが主流です。 「要件定義書」の目的は、SE側が顧客のニーズを受けたシステム開発のプランをまとめて、 それを専門的な知識のない顧客に対してもわかりやすく説明することです。 「要件定義書」の内容は、顧客からのシステム開発に関する要望に即してSEが顧客と相談して、 最終的に合意した内容になります。顧客が専門的な知識を持ち合わせていない場合には、 機能などをSEによって付け加えられることもあります。 要件定義書の内容をまとめるときに大切なことは、どの項目でも顧客と細かく協議することです。 それにより、システム開発が終わってから「イメージとは違う」とか 私の思っていたことはもっと別のことだった」といった顧客からの批判や不満が出ることを防ぐことができます。 そのため「要件定義書」の内容は、顧客からの要望だけでなく、 SEによる専門的な知識や経験も活かされた踏み込んだ内容になります。   そもそも「要件定義」とは? 「要件定義書」が書かれるまでの間、SEは顧客側から出された要望に対して、 専門知識を使いながら開発されるシステムの内容を確認して、そのシステムの持つ機能や性能を定義していきます。   その最終的に定義された機能や性能のこと、またはそれらを定義することを「要件定義」と言います。   初めての実機演習で四苦八苦していますが、実機演習を頑張っていきたいです。   24歳 M.T    

研修7日目 LAMP環境

研修7日目 LAMP環境

皆さん、こんにちは。本日の午後の研修内容はLAMP環境について調べるという課題が出ました。 そもそも私はLAMP環境という言葉を聞いたことがなく、どんなものかもイメージできないくらいでした。 さて本題に入りますが、LAMP環境とは何なのでしょうか? LAMP環境とは、Linux・Apache・MySQL・PHP(もしくはPythonかPerl)で構築されているWebアプリケーションを開発する環境のことで、それぞれの頭文字をとってLAMP環境と言っています。読み方はランプと読みます。 それではこれらがどういったものなのか、一つずつ見ていきましょう。 まず、Linuxとは、Unix(色々なOSの土台になったOS)に類似した振る舞いをするOSです。メリットとしては無償で使用できるという点があります。そして、Apacheは世界中で最も多く使用されているWebサーバソフトウェアで、MySQLとは、オープンソースで公開されている関係データベース管理システム、PHPは動的なウェブページを作成することを目的としたWebのプログラミング言語となっています。 これらのLAMP環境に必要なものを全てインストールしたら、それぞれのサーバを起動させます。最初に、サーバを再起動した場合でも、起動時に自動的にサーバが起動する設定を「systemctl」を利用して設定します。それが設定完了したらサーバを起動させ、サービスの起動も「systemectl」コマンドを利用します。これでLAMP環境全てが利用できるようになります。 うーん、なかなか難しそうですね。実際にやってみないと理解できないところが多いと思うので、来週からの演習に備え、今まで学んだ内容を復習しておくことが大事だと思いました。 今まではあまりインターネットについて興味を持ったことがなかったのですが、学んでいくことでだんだんと興味がわき始めました。これからも積極的に学び、知識を身に付けていきたいと思います。 23歳 女性 I.K  

研修5日目

研修5日目

みなさんこんにちは! 研修5日目はNAT、NAPT、トランスポート層について学びました。 今日はその中のNATとNAPTについて書いていきたいと思います。   まず、「NAT」とは” Network Address Translation ” の略です。 そして、ネットワークアドレス変換 という意味です。 プライベートIPアドレスを割り与えられたコンピューターに対し ” プライベートIPアドレス ” を ” グローバルIPアドレス” に変換して インターネットにアクセス可能にする技術のこと。 つまり、NATはコンピューターとサーバーの中継をしてくれるのです。   しかし、NATには欠点があります。 それは、1対1でしか変換ができないということです。 複数台のコンピューターが同時に通信しようとすると どのコンピューターとの通信だったのか分からなくなってしまうのです。 そこで、「NAPT」の出番です。 NAPTは、” Network Address Port Translation ” の略です。 NATに加えて、ポート番号を変換するを持っています。   それによって、1つ1つのコンピューターを識別するので 複数台のコンピューターとの通信が可能となりました。 ポート番号とは、0~65535までの番号のそれぞれが 役割をもち、そこにプロトコルやサービスなどが紐づいているもののことです。 また、その中でも、特に頻繁に使用されるものを ” ウェルノウンポート ” と呼びます。ちなみに 0~1023番までのことです。 昨日までの演習では頭がパンパンになって大変でした。 でも、なんとか理解する事ができたので、この調子で頑張っていきたいと思います。         24歳 M.T  

研修4日目 ルーティング演習について

研修4日目 ルーティング演習について

皆さんこんにちは!研修4日目の内容はルーティング演習についてです。 昨日に引き続き「Cisco Packet Tracer」を使ってルーティング(遠隔地との通信を行うための機能)の構築を行いました。パソコンとルーターを操作して送信・受信を可能にするための演習です。 私たちはまだ研修4日目なのでタイピングも遅く、打ち間違いもたくさんしてしまいますが、IT業界では一つミスをするだけで、多くの方に迷惑がかかり、莫大なお金もかかってしまします。そんなことを意識して行うということを肝に銘じておかなければだめなのです。 今日は自分で構築するための手順を考えて、「Cisco Packet Tracer」にコマンドを打ち込んでいきます。送受信が可能な環境にしていくための手順としては、まず必要な機器(パソコン、ルーター、スイッチ)を配置します。そして、ケーブルを選択して結線していきます。その時に重要になってくるのが、「ストレートケーブル」「クロスケーブル」です! 次に、それぞれのパソコンにIPアドレスを設定していきます。最後にルーティングテーブル(ネットワーク上の道案内をするときに使う地図とイメージしてください!)の設定を行うための情報をひたすら打ち込んでいきます。打ち込むコマンドが多すぎて諦めてしまいそうになるけど、本来はコピー&ペーストでやっていくそうです。説明を後回しにしていましたが、「ストレートケーブル」はルーターやパソコンとスイッチの接続で使い、「クロスケーブル」はルーター同士や、ルーターとパソコンの接続で使います。 ミスができるのは今だけなので、ミスしたところは徹底的に復習を行い、しっかりと身に付けることができるよう頑張っていこうと思います。 この会社に入るまではITという言葉を聞いたことがあるけど、意味は全く分からないし調べようともしなかったですが、今では分からないことがあるとすぐに調べるという癖がついたので、少しは成長しているのかなと思います。 23歳 女性 I.K